お店の商品の底値を全て頭に入れておき安いときにまとめ買い

このエントリーをはてなブックマークに追加
野菜とフルーツ

基本的に、安いときに買いだめをしておくというスタイルで買い物をしています。商品の底値はだいたい頭に全部入っています。

いろいろなスーパーなどのチラシをチェックし、底値であるならば今必要でなくても買っておきます。

またネットショップも利用します。実店舗よりも安く買えることも良くあります。店のポイントやクーポンなど、利用できるものはしっかり利用します。

毎回チラシのチェックをしていると、この店では何曜日に何が安くなるなどの傾向をつかむことが出来ます。安売りをするだいたいの曜日や店を把握しておくことは、非常に重要です。

またよく行くお店などでは、こんなことに気付きました。中央通路の目立つ場所に商品が積んであって、少し安めの値札が付けられていますが、実はその商品は、後日特売として売る予定の商品なのです。

その日は、少しだけ安い値札にしておき、その値段を安いと感じて買うお客さんもいます。

しかし、後日お店に行くと特売になってさらに安くなっています。

そのようなお店ごとの、習慣のようなものに気付くと損をせずに買うことが出来ます。

また半額シールを貼り出す時間なども、店によってさまざまです。閉店間際に貼られるイメージがありますが、私が良く利用しているスーパーでは、開店の30分後くらいに一斉に貼りだすのです。前日の残り物を朝一番で売り切りたいという店側の狙いがあるようです。

このように、いろいろな傾向をつかみ上手に賢く買い物を楽しんでいます。収入が増えないのだから、出費をいかに抑えるかは、とても重要だと考えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。