まとめ買いと冷凍保存で食費を節約

このエントリーをはてなブックマークに追加
電卓を持つ女性

お金を使わないことが一番の節約ですが、人として生活する以上それは不可能です。

節約の要は「いかにお金を使わないか」ではなく、「いかに安くお金を使うか」なのです。生活の中で一番お金を使うのは、生活費でしょう。

中でも毎日の食事にかかる食費は大きなウェイトを占めています。食費を節約するにはどうしたらよいのか。それはまとめ買いと冷凍保存がポイントです。

最近は夫婦共働き世帯も増え、いろいろなお店をまわったり、タイムセールや数量限定の商品を購入することも難しい方も多いでしょう。休日の日に1週間分の肉や魚、野菜類を買っておくことがおすすめです。

野菜は生野菜と根菜をバランス良く選びましょう。その日に使わない肉や魚は冷凍し、野菜は傷みやすいものからお料理に使っていきます。

固めに茹でて冷凍したり、カットした状態で冷凍するなど休日に野菜の下ごしらえをしておけば、調理時間も短くて済みます。仕事終わりにスーパーによって、品数の少なくなった売り場で、状態の良くない食材を買うことも無いし、1週間の大まかな献立を決めておけば、無駄な買い物をすることもありません。

冷凍しなくても日持ちのする干物、を献立に取り入れるのもおすすめです。

干しシイタケや高野豆腐、ドライフルーツなど常に食品庫に入れて置くと便利です。毎日スーパーに寄ることが日課になっている方々、無駄な時間とついついやってしまう衝動買いをなくすために、休日に食材を買い貯めましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。