コンビニのポイントを上手く活用すればスーパーよりも安い!

このエントリーをはてなブックマークに追加
バッチリなポーズ

ジュースやアイス、お酒はスーパーマーケットで買うほうが安いと今までは思っていました。

でも最近はコンビニエンスストアで買ったほうが安いということに気が付いてしまいました。

コンビニは定価で販売していることが多かったのですが現金ではなくポイントを使うととても安く買うことができるのです。例えば500ml入りのジュースはスーパーなどで100円で買うことが多いです。

コンビニだと普通に買うと150円ぐらいします。ローソンのポイントを使ってクーポンを発券すると一番安かった時で30円です。

30円で買うことができるのはメルマガ会員だけで午後5時にならないと発券できないので面倒なのですがスーパーの価格の三分の一で買えるので魅力的です。

お酒の場合ですが350mlの発泡酒はスーパーで買うと平均して120円ぐらいです。ローソンのポイントを使うと60円で買うことができます。

お酒は清涼飲料水と比べて競争率が低めなので焦らなくても大丈夫なことが多いです。500mlの発泡酒の場合は90円ぐらいで買えます。サンクスでも同じような節約法でお得に買い物ができます。

ローソンと比べると品数が少ないので物足らないですがサンクスのほうが安く買えるということがあります。先日はバナナ味のポテトチップスを50円で買うことができました。

簡単なアンケートに答えると20円分のポイントがもらえるので実質30円だったということになります。これからもコンビニのポイントを活用してお菓子やお酒などをお得に買いたいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。