家計簿アプリで自分の使ったお金の見直し

このエントリーをはてなブックマークに追加
タブレット

なかなかアップしないお給料。世の中楽しいことや欲しいものがいっぱい。こうなったら節約するしかない!とばかりに、お昼をお弁当にしたり、家から飲み物を持参したり、ちまちま節約に励む毎日。

でも、なんだか結局そんなに節約になっていない、お金がたまらないということはありませんか?そんな私に友達が忠告してくれました。

一度、自分のお金の使い方を見直した方がいいよと。一瞬、「?」と思ったのですが、やり始めてみるとこれは今までで一番効果があるかもと思い始めました。

まず最初にしたことはお小遣い帳のようなアプリに自分の使ったお金をつけていくこと。

家計簿?みたいな面倒くさいことではなく、自分が何に使ったかをまず把握することを目標にしました。アプリだと通勤の合間に使えますし、使い方を知りたいだけなので、金額もおよその金額を入力します。面倒くさいことが嫌いな私でもこれは続けられました。

そして、1か月単位で、お金の使い方をチェック!そうすると、単純にお金を使わないようにしなきゃと思うのではなく、例えば飲み会なら月何回までなら大丈夫とか、まとまった買い物をしたければ月これぐらい貯めればよいとかいろいろ「出来ること」が見えてくるのです。

なんとなく節約しなきゃと思うより、この部分は節約して、ここは使うと決めると「なんだかお金がいつも足りない」病から解放されます。お金を節約するより、使う方が断然好きな私には、この「使う」ところには使って、「節約する」ところには節約するという方法があっているようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。