派遣登録説明会に着ていくのにOKな服装や髪型とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

派遣社員として働こうと思った場合、まず最初に派遣会社の人と顔を合わせる機会として、登録説明会があります。この第一印象がその後の派遣社員としての働き方にも影響するため、ここでの服装や髪型は非常に重要なポイントとなります。では、具体的にどのような服装が好まれるのか、どのような服装がNGなのかを見ていきましょう。

派遣登録説明会に着ていく服装の選択肢

派遣の登録会へ行くときの服装としていくつか選択肢があります。新卒の就職活動とは異なり、必ずしもスーツにネクタイでなければならないということはありません。希望する職種や派遣登録会の状況によって異なるので、具体的に見ていきましょう。

スーツ

就職活動といえば「スーツ」ですが、派遣の登録会の時には必ずしもリクルートスーツを着ていく必要はありません。清潔感のあるスーツであればどういったものでも大丈夫です。女性であればスカートが短すぎないものを、男性の場合は中に着るシャツは黒などは避け、ネクタイをし、誠実でさわやかな印象にしましょう。事務や営業などを希望する方におすすめです。軽作業やアパレルを希望する方は無理にスーツを着ていく必要はありません。

オフィスカジュアル

男性の場合は清潔感のあるシャツにスラックス、女性の場合は、スカートにジャケット、というようなオフィスカジュアルもおすすめです。オフィスカジュアルという言葉が具体的に何を指すのかわかりにくいかもしれませんが、イメージとしては「そのまま会社でお客様の対応が出来る服装」「そのまま営業などで外出しても問題ない服装」を指すといわれています。スーツよりも柔らかい印象になりつつ、しっかりした印象も得られるのでおすすめです。夏場はスカートに派手すぎないシャツだけでも大丈夫です。

普段着

派遣会社によっては登録会は普段着でかまいませんといわれることもあります。アパレルや軽作業のお仕事を扱う派遣会社に多く、その場合は清潔感・きちんと感がある普段着で良いでしょう。ジーンズやスウェット、ジャージ、露出の多い服は避けたほうが良いでしょう。

登録会の状況に応じて

派遣会社の登録会は、派遣会社で行われる場合、登録会会場で行われる場合、カフェなどで登録・相談イベントとして行われる場合などさまざまな状況があります。派遣会社や登録会へ出向くときに比べ、カフェなどで女性向けのイベントとして開催される登録会はよりラフな雰囲気なので、そういった会場の場合は普段着でも大丈夫なことが多いです。会場の雰囲気に応じて臨機応変に対応しましょう。迷った場合は、きれいめの普段着・オフィスカジュアルが無難ですが、登録の申込の際に派遣会社にあらかじめ聞いておくのも良いでしょう。

派遣登録説明会へ着ていくのにNGな服装

派遣の登録説明会の服装にとくに決まったものはないことをご説明しましたが、では逆にどのような服装がNGなのでしょうか。服装ごとにまとめてみました。以下のNGポイントを避けた服装であれば、大体どのような服装でも基本的には大丈夫ということになります。

派遣の登録説明会で避けておきたい服装のポイント

服装の種類 男性のNGポイント 女性のNGポイント
スーツ全般 ・色味に光沢がありすぎるようなスーツ
・派手なストライプや白のスーツ
・着古したスーツ
・ピンクや赤などの色が派手なスーツ
・レースやフリフリなど装飾が派手な物
・着古したスーツ
シャツ・カットソーなどトップス ・黒いシャツやや派手な模様のシャツ
・ヨレヨレ・シワだらけのシャツ
・ボタンをいくつも開けている
・ネクタイをしていかない
・Tシャツやパーカー
・派手すぎる色・柄のシャツ
・ヨレヨレでシワだらけのシャツ
・胸元が広くあいているもの
・ノースリーブ
・下着が透けて見える
・身体のラインが分かりすぎるもの
・Tシャツやパーカー
パンツ ・ジャケットとあっていないもの
・派手すぎるもの
・ジーンズやスウェットなどカジュアルすぎるもの
・ぼろぼろのもの
同左
スカート ・派手すぎる色や柄
・短すぎるもの
・スリットの深いもの
・フリルのスカート
・カジュアルすぎるスカート
・ロングスカート
・スニーカー
・派手すぎる靴
・サンダル
・ブーツ
・スニーカー
・ヒールの高すぎるもの
・サンダルやミュール
・ブーツ
その他 ・サングラス
・帽子
・サングラス
・帽子
・派手なアクセサリー
レギンスやカラータイツ、網タイツ

派遣会社や職種によっては(アパレルや軽作業など)、普段着で大丈夫という場合もあるので、そのときには上記の服装でも一部OKです。その場合、カジュアルすぎず、あくまで清潔感・きちんと感のある普段着にしましょう。

派遣登録説明会にふさわしい髪型

次に髪型についてみていきましょう。派遣登録説明会にふさわしい髪型のポイントをまとめてみました。

良いとされるポイント

男性 女性
スッキリと整えた髪
明るすぎないカラーもしくは黒髪
長すぎない前髪
長い髪は結ぶ
耳を出したほうがスッキリする

NGとされるポイント

男性 女性
目や耳が隠れるほどの長髪
寝ぐせのまま
フケやべたつきが気になる髪
派手すぎるパーマやカラー
目が隠れるほどの前髪
伸びっぱなしの髪をおろしたままにする
寝ぐせのまま
フケやべたつきの気になる髪
派手すぎるパーマやカラー

これらを見比べてみると、大切なことは「清潔感」があるかどうかだということが分かります。登録説明会という場にふさわしい身なりを整えられるかどうかも重要なポイントです。

派遣登録説明会で金髪や茶髪でも大丈夫なのか?

新卒の就職活動の場合、髪は黒髪、一つに結ぶ、というのが常識になっていますが、派遣の登録説明会においてはそれほど厳しくいわれることはありません。先ほどご紹介したように、どの業種でも清潔感があれば茶髪でも問題ありません。
金髪については、必ずしもOKとはいえませんが、アパレルや工場内作業、美容院などで働きたい方であれば問題なく登録できることがほとんどです。オフィスワーク、官公庁、営業などを希望する方は落ち着いた茶髪程度にしておくほうが無難でしょう。

派遣登録説明会へはナチュラルメイクで行きましょう

女性の方はメイクにも注意する必要があります。派遣の登録説明会に限らず、会社員としてのメイクは基本的にナチュラルメイクが良いとされています。また、全くメイクをしないのもマナー違反になります。普段から濃いメイクをしている方は、登録説明会の時だけナチュラルメイクをすることに抵抗を感じるかもしれませんが、これを機に仕事中はナチュラルメイクにする、と割り切ってしまうのも良いでしょう。もし自分で判断できないようであれば、メイク売り場などで美容部員さんに相談するとちょうどよいメイクのアドバイスをもらえるのでそういった方に相談するもの一つの手です。

メイクの種類 ポイント
ファンデーション 必須です。色のあったものを選び、首と顔の色が違うということのないように気を付けましょう。
自然な感じになるように仕上げましょう
アイライン 真っ黒のラインで目全体を囲むのは、濃すぎるメイクになりがちなので避けましょう
アイシャドウ ラメの目立つものや、派手な色を避け、自然なメイクに見えるようにしましょう
まつげ マスカラはダマにならないようにきれいに塗ります。つけまつげやまつ毛エクステをする場合も、自然に見えるものなら問題ありません。
チーク 濃い色でしっかり入れるとケバい印象になるので、自然な色をうっすら付けましょう。
リップ 真っ赤な口紅、濃い色の口紅は避け、ベージュなどの自然な色を選びましょう。グロスを塗りすぎるのもNGです。

自然なネイルでもネイル自体がNGな職種もあるので注意

メイクと同じく、自然に見えるものであれば全く問題ありません。派手な色を避け、ベージュやピンクなど薄い色で綺麗にしてあると印象も良くなります。
逆に、長すぎる爪、付け爪、派手なデコレーションをした爪は印象が悪くなることが多いので絶対にやめておきましょう。
また、飲食店、食品の製造、看護師、保育士などは、ネイル自体NGということもあるので、それらの分野を希望する場合は特に何もせず短く整えていくだけにしておいても良いでしょう。

この調査内容の総括

今回は派遣の登録説明会に行くときの服装や髪型についてご紹介しました。
派遣の登録に際しては、一般的な就職活動ほど服装には厳しくないとされますが、それでも最低限社会人としてのマナーを守った服装が求められます。普段からカジュアルな服装をしていてどのような服を着たらよいかわからない、という場合には、スーツを着ていけば間違いありません。ラフすぎてNGといわれることはあっても、しっかりした服装をしていってNGといわれることはまずないので安心してくださいね。
大切なことは、清潔感ときちんと感です。この日のためにちゃんと服装も考えてきました、という様子は好印象につながります。登録後も安心して仕事を紹介できる、と思わせるような社会人らしい身なりで登録会に臨んでみてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。