派遣会社登録の際に必要となる履歴書の書き方

このエントリーをはてなブックマークに追加

派遣会社に出す履歴書の書き方のポイント

派遣会社に登録するときに、履歴書が必要といわれた場合、どのような物を持参すればよいか迷われる方も多いと思います。実際には、特に書式や内容の指示がなければ市販の履歴書を持参すれば大丈夫です。
では、具体的な記入内容とポイントを見ていきましょう。

項目 ポイント
住所氏名などの情報欄 全ての項目を丁寧にしっかりと記入する
写真 履歴書サイズの顔写真をしっかりと貼っておきます。はがれた時を想定して写真の裏には名前を記入しておきましょう。
学歴・職歴 時系列で記載するのが一般的です。
学歴だけでなく職歴もある場合、まず「学歴」と記載して次の行から学歴を記載、一行あけて「職歴」と記載し、次の行から職歴を記載すると見やすくなります。職歴について、専門的な資格取得や実績があればそれも記載しPRにつなげましょう。
ゴチャゴチャと書かず、箇条書きですっきりと書くことが大切です。
自己PR 性格の長所だけでなく、即戦力となる経歴や資格も記載すると良いでしょう。
資格など 運転免許や各種資格を記載。多すぎる場合、特に役立ちそうなものを中心に記載します。
志望動機 派遣会社へ提出する場合、志望動機は不要とされることもあります。記入する場合は、その派遣会社の得意分野に触れ、そういった職種を希望していることや、その分野での実績や資格などを記入すると良いでしょう。
希望欄 勤務地や勤務時間、その他勤務条件に付いての希望があれば記載しましょう。

通常の就職活動では、志望動機や自己PRが重要視されますが、派遣会社に提出する履歴書では志望動機はそれほど重視されないことがよくあります。どうしてその派遣会社を選んだのか、どうして派遣という働き方をしたいのか、をわかりやすく記載しましょう。
また、自己PRについては、漠然とした長所を書き連ねるのではなく、実際に自分を雇ったらどのようなことが出来るのか、を具体的に記載します。使用できるソフトや専門技術、マシン、専門的な実績があればそれも書きましょう。

過去の職歴は別紙として職務経歴書へ書こう

全て具体的に記載するのが基本ですが、あまりにも多い場合には、別紙として職務経歴書を用意すると相手も読みやすくなります。
実際の記載は派遣社員として勤務した旨記載の上、時系列で記載するのが主流ですが、複数の派遣会社で働いていた場合などは、その派遣会社ごとに記載しても大丈夫です。自分でまとめやすく、かつ相手にもわかりやすい方法で書けば問題ありません。ここでは経歴だけでなく、資格や仕事の内容も記載することも出来ます。

実際の記入内容の一例

派遣会社「◆△〇」に登録し、以下の通り派遣社員として勤務。
〇年△月 A株式会社にて事務職として勤務。パソコンでの資料作成や総務事務、書面作成などを担当しました。
□年●月 B株式会社○○部にて、経理部で勤務。●×ソフトを使用した事務をしていました。

エントリーシートのみで履歴書不要な場合もある

派遣会社に登録するときには、派遣会社へ直接訪問したり、登録会などに参加する方法があります。このときに、多くの派遣会社がエントリーシートを用意しています。エントリーシートの内容は、履歴書と職務経歴書を合わせたようなものになっており、これを登録会で提出することで履歴書の提出を不要としていることも多いようです。事前にメモを用意しておく、履歴書を実際に記入し持っていく、というように一度まとめておけば、記入の途中で焦ることなくスムーズに登録会を進めることが出来るでしょう。

派遣登録後の送付状はビジネスマナーのひとつ

必須ではありませんが、送付状を付けることはビジネスマナーでもあり、印象アップにつながります。何も記載せず履歴書だけを送るのは失礼な行為になりますので避けましょう。
では送付状には何を書けばよいのでしょうか。送付状に記載する一般的な内容は
1)日付
2)宛名
3)あいさつ文
4)内容物一覧
5)署名
となっています。内容は簡単なものでもかまいません。一言添えて、意欲と履歴書を見てもらいたいことを伝えましょう。

派遣社員とアルバイトは変わらず履歴書が大事

派遣とアルバイト、どちらも履歴書を提出する機会があると思いますが、内容に差はあるのでしょうか。
結論から言うと、どちらも同じくらい重みのあるもので、内容に差をつける必要はありません。仕事の範囲は異なるかもしれませんが、責任の面ではどちらも同じなので、派遣であろうとアルバイトであろうと、履歴書は真剣かつ丁寧に記入しましょう。
また、派遣の場合、即戦力となることが求められますので自分のスキルや経験をよりアピールできるような履歴書にするとよりよいでしょう。

手書きの履歴書とパソコンで作る履歴書のメリット、デメリットを比較

かつては一枚一枚心を込めて手書きしたほうが誠意を表すといわれていましたが、最近ではパソコンでの書類作成が主流になっており、履歴書についてもどちらが良いということはなくなってきています。派遣会社から手書き・パソコンの指定がなければどちらでも自分のやりやすいように作成しても大丈夫です。パソコン、手書きのメリットデメリットをご紹介します。
会社や勤務する職種によって、手書き・パソコンを使い分けられるようにしておくと良いでしょう。

方法 パソコン 手書き
メリット ・パソコンスキルのアピールになる
・見た目が綺麗
・読みやすい
・修正が簡単
・基本のものを作っておけば使いまわすことも出来る
・自分らしさを出せる
・丁寧に書くことで誠実さをアピールできる
・温かみがある
デメリット ・事務的な印象になる
・誤字脱字が起こりやすい
・当たり障りない内容ばかりだと使いまわしがばれる
・読みにくいこともある
・あまりにも汚い字だと印象が悪くなる可能性あり
・間違えると書き直しになる

この調査内容の総括

正社員、派遣、アルバイト。どのような働き方であれ、履歴書は会社に対して初めて自分をアピールする大切な手段です。派遣会社の場合、断られることがほとんどないため、履歴書を簡単に考えてしまいがちですが、そこで記載したことをもとに派遣先の選定をされるなど履歴書はとても大切なものです。また、履歴書ではなく登録会でエントリーシートを書くように言われることもあります。どのような方法であれ、これまでの自分の経歴やスキルを最大限にアピールすることでより多くの選択肢が得られるはずです。好印象を持ってもらえる履歴書を書けるように、内容をしっかり考えて履歴書を用意し、登録に臨みましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。